シュールな記事!おもしろい記事!普段の出来事!たまには動画も!

カプコン!ストリートファイター2サガット!タイ(バンコク)の寝釈迦!本物か?

今回は、3泊4日でタイのバンコクに旅行に行きました。

初めてタイを訪れる事もあり、初日はツアーを組んでみました。

久しぶりの海外ツアーは、思っていたより良い内容でした。

何度も旅行している中国やフィリピンではツアーの時間がもったいなく、ツアーを組む事がありませんが、初めて行く国ではツアーを組む事をお勧めします。

これは、知識もない日本人がタイの寝釈迦で、テンションが上がってしまった話です。

この画像は、カプコンのストリートファイター2世代からしたら、たまらないでしょう。

私は、バンコクの寝釈迦で興奮し過ぎて、寝釈迦周りを二周しました。

時間にして1時間は、この寝釈迦を見ていたと思います。

しかし、スト2のホンマもんの寝釈迦はアユタヤって噂です。

ガイドに聞いて知りました!本当に残念です!

何も知らずに、現地でサガットの技のタイガーアッパーカットをしまくりました。

周りからすれば、アホなお祭り男の浮かれすぎの日本人でした。

日本で、敷居を跨がない外国人を見て、嫌な気持ちになる事がありますが、私を見た現地人も同じ事を思ったと思います。

反省します!

しかし、良い思い出になりました。

ありがとうございます!微笑みの国!タイ!

ツアーガイドさんが、とんねるずの木梨憲武に似ていて、それだけで親近感が湧きました。

ちなみに出入り口では、サンダルを履いていないか、長ズボンを履いているかなど、チェックしている人がいましたが、入場拒否をされている人はいませんでした。

私は、長ズボンを膝までまくり上げていたので、ガイドに「下まできちんと下げてください。もしかしたら入れないかもしれないので」と言われて、慌てて下まで下げました。

運の悪い事に足首より少し上までの長ズボンだったので、ガイドも心配そうに「たぶん大丈夫」と苦笑いをしていましたが問題はなかったです。

後からガイドブックを読むと寺院などに入場するときの服装の注意なども記載されていました。

これから、このような観光地に行く人は確認する事をおススメします。









テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

 | ホーム | 

タイのバンコクのとあるコンビニ!子供に優しい国でした!

画像をよく見てください。

コンビニの片隅に3歳から4歳ぐらいの子供が布団をかぶって爆睡です。

コンビニの店員の子ですかね。

子供は誰でも、コンビニで寝て良いのですか?

他のコンビニや飲食店でも、エアコンの効いた店舗の床に布団を敷いて寝ている子供がいました!

確かにタイは暑いので、寝苦しいことは否定しません。

文化、環境の違いですかね?

母親が働く為に容認されているのでしょうね。

この臨機応変な子育て方法に本当に心が和みました。

ちなみに、タイは日本と比べて圧倒的に子供の数が多く感じました。

ショッピングデパートなど、人が集まる場所に行くと親1人に対して子供2人以上が当たり前でした。

また、昔の日本のように自分の子供ではなくても悪い事をしている子供がいれば周りの人が説教していました。

その光景は日本の古き良き時代を思い出させてくれました。

タイに来て、いかに日本が少子高齢化か実感しました。

タイは、微笑みの国と言いますが、関わった全ての人が優しかったです。

私は今まで、タイ、フィリピン、韓国、中国、インドネシヤなど数々の東南アジア諸国を旅してきましたが、治安や物価、食べ物など総合するとタイが圧倒的に日本人にとって住みやすい国だといえます。

そのため、最近では退職後にタイで老後を過ごす人も増えています。

気候も良く、日本人向けの病院やスーパーなども増えていていますので、私も老後はタイへ移住したいと思っています。

タイと言えばマッサージですが、30分で数百円から本格的なマッサージを受ける事ができます。

バンコクの物価が上がっていますが、少し離れると物価がかなり下がります。

食べ物は、豚の喉がお勧めです。










テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

 | ホーム | 

# スポンサードリンク

# げん玉 金持ちの第一歩

自己アフィリもできるので、お小遣い稼ぎにどうぞ‼︎

# カウンター

# ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

# アルバム

# QRコード

QR

# ぶぶぶろぐ

# ブログランキング


雑学・豆知識ランキングへ

# 日本ブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

# あなたのサイトが不労所得に!

簡単!アフィリエイト!

忍者AdMax

# 最新記事