シュールな記事!おもしろい記事!普段の出来事!たまには動画も!

人員不足とお見舞いに来る家族との距離の縮め方。ターミナル一体型の介護士施設の取り組み。

今回は、ターミナル一体型の介護施設について、お伝えします。

まず、「ターミナルケア」とは自分らしく最期を迎える為の介護、ターミナルとは終末期の事です。

私が働いていた施設は一般病棟もあったため、普通の施設のように元気に通う要介護者(以後、患者様と表記します)もいれば余命いくばかもない患者様もいらっしゃいました。

月に一度、認知症検査を行い、レベル別に段階わけし色々とリハビリに取り組んでいました。

月に一度のため、介護士が日々のコミュニケーションの中で違和感を感じれば即担当医に連絡するという流れでしたが、認知症の進行を抑えることができたとしても、回復したという事を見たためしがありませんでした。

認知症しかり患者様のケアを行うにあたり、マンパワーが圧倒的に足りず、ひとりひとりに十分なケアができていないと感じることもしばしばあります。

私がいた病棟では、患者様、約120名にあたり医師2人(常時はいません)看護師4~6人、介護士7~10人といった人数体制で患者様のお世話をさせていただいていました。

あれもこれもと思っていると業務が進まず、しばしば残業というのも当たり前の状態です。

ケアをするにあたり、職員の都合ではなく患者様の都合でお世話するので、時間通りにというのは出来ません。

そのため、業務が規定通りに進まず、上の物(課長等)に怒られる事もあります。

人が足りない等、上に掛け合って職員の募集をしても、入っては辞めていくを繰り返すため、一時的に職員が増えても、結果として減り続ける一方でした。

介護現場でよく言われるのは「きつい・きたない・給料が安い」です。

まず「きつい」ですが、人が人をお世話するのです、

きついのは当たり前です。

楽な仕事などない。

よく言われることですね。

「きたない」ですが、一番多いのがターミナル型の病院施設です。

自分では身動きできない患者様が入院されています。

そのため、排泄介助なんて当たり前です。

介護が好きでこの仕事をしている人間でも臭いになれず、辞めていくことが多々あります。

臭い対策をしていても、すぐ効果があるわけでもないため、慣れが必要になり、正直どうしようもありません。

「給料が安い」ですが、これは正直、現場の人間は全員が思っていることでしょうが、現状どうしようもありません。

「人間をお世話する労力と給料が釣り合っていない。」

これもよく言われていますが、私がいたところでは、介護士ならば月の手取りが15万円以上あれば良い方でした。

無資格だとさらに安いですが、資格を一つ取ったにしてもプラス3000円~といった感じでした。

もちろん昇給もありますが、期待できるほどではありませんし、基本給が安いため、ちゃんとした給料をと考えるなら看護師を目指した方がまだ、良いです。

この高齢化社会が進む中で新卒が入ってくるということも少なく、入ってきても上記の3Kを理由に辞めていきます。

働く側も高齢化が進んでおり、介護士側の年齢が70近いなんてこともあり、介護現場では常に人手不足が深刻化しています。

国が助成金を出し、単価を上げるという試みも話にありましたが、私ども労働側には「給料上がった?」「さぁ、前と変わらない。」といった具合で単価があがった試しがないです。

「あまりにも人手不足のため、海外から労働者を引っ張ってこよう。」

という話もありましたが、海外から人件費の安い人を雇用してしまうと、私たちの仕事を奪われてしまう恐れもあり、私のいた病院施設では見送りされました。

そういった難しい部分もあり、どうにもなっていないのが現状です。

どんな会社でも言えますが雇う側としては、人件費を抑えて経費削減したい。

雇われる側としては給料を上げて欲しい。

といった具合で妥協点を探りつつ良い着地点を見つけるのを話し合いで解決していく事が重要ですが、なかなか進みません。

人の命を預かる場所なため、病院側との話し合いの時間を作るのもひと苦労なため一歩一歩がすごく時間がかかってしまいます。

病院施設は少し特殊なため労働組合がない所も多々あります。

ストライキするわけにもいかず、こういった問題の解決には非常に時間がかかってしまいます。

また、こういう話を現場で耳にしてしまうため、時間をかけて問題解決するぐらいなら、辞めて雇用条件の良い職場に再就職したほうが早い。

と考えてしまう人が多いわけで、私がいた医療現場では、負の連鎖が起きてしまっています。

こういった雇用問題は一般会社でもよくあるので、今後の雇用賃金の上昇に期待といった感じになります。

ターミナル型の医療施設でよくある問題といえば患者様のご家族とのトラブルでしょう。

お見舞い(様子を見)に来られるのでこういったトラブルもしばしばあります。

例えば食事制限している患者様に可哀そうだから食べ物を持ってきて、こちら側に内緒で食べさす。

しかし、病院側としては、問題があるため、食事制限していますし、後で何かあった場合問題になるのは当たり前なため、見つけ次第、注意というかお願いするわけです。

しかし、納得されないご家族様がおられますし、ご家族だけではなく、知人といったあまり状態状況がわかっていない人もきますので強く注意するわけにもいかず、なぁなぁで済ましてしまう時もあります。

私が働いていた病棟では、職員の教育はもちろんなのですが、月に一度ご家族様とカンファレンスを行いますので、その際に状態状況の説明を行いますし、ご家族様との距離を縮めるため話し合いの場所も作っています。

病棟にお見舞いにこられた際には、介護士さんから「何号室の誰それさんに〇〇さんが来ています」等の連絡をするようにしてもらい、医師や看護師などが挨拶に行くようにし、その日その日の状態状況をお伝えし「今日は調子が良いからこういった物なら食べても大丈夫ですよ」という感じで、患者様だけではなくご家族様にも指導していく感じで取り組んでいっています。

そうした取り組みを続けていくと、家族様が来られた際はこちらから向かわずに最初にステーション寄っては「今日はこういったものを持ってきたので大丈夫ですか」とかいろいろ医師や看護師に声かけしていただけるようになりました。

お見舞い品等のトラブルはゼロではないですが、徐々に減っていきました。

こういった患者様だけではなくそのご家族とのやり取りのトラブルが多いので、声掛け等の心遣いが一番問題解決になるのではと私は思っています。

テーマ:在宅介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

 | ホーム | 

認知症介護実践者研修 講義内容とレポート!課題設定に向けて

過去には、他施設実習があったり、研修期間が長かったりと現在よりは参加する事が難しかったのですが、最近では短期集中型(5日連続)で行われる研修先があったり、他施設研修も無くなったため、かなり参加しやすくなっています。

ここでは、平成28年末に実施された研修内容を簡潔にまとめています。

これから、研修を受ける方や現在研修中の方などの参考になればと思います。

実際に提出した自施設実習のレポートも紹介できますので、気になる方はコメントをください。

自施設実習のレポート、課題設定の方法、センター方式などを説明した記事も紹介しておきます。

認知症介護実践者のみならず、感染症や高齢者虐待、身体拘束など介護職として必要な知識も紹介しています。

認知症介護実践者研修!完全マニュアル

ちなみに兵庫県で開催された内容となりますが、他の都道府県と大きな差はありませんでした。

認知症介護実践研修(実践者) 1日目 レポート

第1日目は、レクリエーションと3つのテーマで研修が進みます。

レクリエーションでは、この認知症介助実践者研修の位置づけ、研修の目的などの説明があります。

その目的とは、施設、在宅にかかわらず認知症介護の原因となる疾患や様態に応じ、本人やその家族の生活の質の向上を図る対応や技術を習得させる事とされています。

ここで重要になるのは、本人や職員だけでなく家族にも焦点が当てられているという事です。

1つ目のテーマは、「認知症ケアの基本的視点と理念」です。

1980年代の動画を見て、当時の高齢者ケアの実情を把握します。

この動画の内容ですが、現在では考えられない介助方法が映し出されています。

介助というよりかは、作業と言った方が正しいと思います。

入居者のみんなが同じ服で、おむつ交換はトイレ以外の場所でも行われ、その回数もかなり少ない。

入浴に関しては、男女が一緒といった人権を無視した考えられない内容です。

認知症ケアの基本的な視点として、パーソンセンタード・ケアについての説明があります。

パーソンセンタードケアとは、個人の独自性を尊重する事です。

すなわち、利用者を1人の人として尊重し、その人の視点や立場に立って理解してケアを行うといった考え方です。

この考え方は当たり前の事と思うでしょうが、自分の家族の事ですら本当の気持ちを理解するのは難しいなかで、認知症を患っている人の気持ちを理解する事がどれほど難しいか想像するだけで理解できると思います。

また、その人を理解したと思っていても、それは職員側の思い込みではないのか等、過去の背景などからも確認する必要があります。

その中で、大切になってくるのは、「想像する事」「理解しようと努める事」「諦めない事」です。

続いて、理念についてですが、判断に迷う時、困難に陥った時に立ち戻る事ができるものが理念となっています。

すなわち、この理念が全てにおいての根本的な考え方となるのです。

この理念をグループで一つ作成します。

私たちのグループでは、大手企業のように読んでも理解できにくいものではなく、認知症の方が見てもわかると思われる内容にしました。

2つ目の「認知症ケアの倫理」では、まず倫理という言葉についての説明があります。

一般的に倫理とは「決まり事や秩序を守る」という意味で使われているが、認知症ケアの倫理は、認知症の人の尊厳を保持し、人権を尊重しながら自立支援を行っていく事です。

これは、動画を観ながらの説明もあるのですが、効率化のために進めた事が認知症の方にとっては、「一緒に考えたかった」「すべて決められた」「私の気持ちは」等と思ってしまい、介助者との溝ができてしまうといった内容です。

実際の現場でも、業務優先となり、効率化が図られているので改善する余地があります。

3つ目は「認知症の人の理解と対応」です。

認知症という言葉は、病名のように使用されていますが、さまざまな原因によって脳の病的変化が起こり、それによって認知機能が低下していくことを言います。

すなわち、認知症とは症状であって、病気ではなく病名でもないので、注意して使用してください。

また、「認知が進んでいる」と言う人もいますが、「認知症が進んでいる」の間違いです。

「認知症」を「痴呆症」と言っているのと同じなので注意しましょう。

また、中核症状や周辺症状、四大認知症の原因の説明もあります。

四大認知症は、アルツハイマー病、脳血管疾患、レビー小体型、前頭側頭型です。

それぞれ、症状や進行の仕方が全く違っており、種類や状態に応じて対応方法を変えていかないと適切な介護はできません。

その為、医学的な面から認知症を理解し疾患からの特徴、中核症状をしっかりと理解して、日常生活への影響、心理面への影響を理解しケアへ繋げる事が重要になります。

中核症状とは、記憶障害、見当識障害、失行、失認、実行機能障害などを言います。

周辺症状は、最近ではBPSDや行動心理症状と言われますが、異食、弄便、妄想、幻覚、徘徊などの行動です。

認知症介護実践研修(実践者) 2日目 レポート

2日目は、4つのテーマで研修が進みます。

まず1つ目は「認知症の人の家族への支援方法」というテーマです。

施設を利用すると、「利用者の生活を支えるのは職員」「職員に任せれば良い」と思われがちで職員任せになる事も多いですが、「家族と協力して支援しましょう」という考えで進められます。

特にデイサービスを中心とした在宅介護を行っている家族は、要介護者の生活を支援する人です。

しかし、在宅介護では核家族化が進み、老老介護や男性介護者の増加もあり、いろいろな悩みや問題を抱えている事が多いです。

なので、一概に家族も支援者といった位置づけにするのではなく、職員と家族のチームといった位置づけで考える事が重要になります。

また、外食や外出などは家族の協力があってこそ、実現できる可能性もあります。

2つ目は「認知症の人の権利擁護」というテーマです。

ここでは、高齢者虐待や身体拘束の問題を権利侵害(権利擁護)という観点で説明されます。

高齢者虐待法や身体拘束廃止など、制度の説明が中心となりますが、虐待の早期発見やリスクマネジメントについても学ぶことができます。

高齢者虐待について、「高齢者虐待防止法で禁止されているが、もし虐待をすれば刑法犯になります。その為、高齢者虐待法に罰則はありません。」といった説明もあり、虐待内容と刑法を照らした説明もあります。

例えば、「Aさん便出たよ」と他の利用者に聞こえるように伝えると、身体的虐待と言われたり、名誉棄損になったりします。

そのような視点で考えると、日常的に虐待を行っていると実感します。

権利擁護とは、自分の意志によって自由に行ったり、他人に要求したりする事のできる資格や能力を、それを侵そうとするものから守る事です。

福祉サービスを利用する子供や高齢者、障害者などは、その状況からして権利を侵害されやすいです。

侵害を守る為の成年後見制度についての手続きや仕組みについても説明があります。

3つ目は「認知症の人の生活環境作り」です。

環境には、大きく分けて物的環境と人的環境がある。

物的環境とは、世間一般で使われている生活環境だと思ってもらえれば良いです。

最近は便利な機能を持った道具や機械が増えているが、認知症の方にとっては、それが便利ではなく、余計に困る原因になる事があります。
よく言われるのが、蛇口です。

蛇口には、センサーだったり、押すタイプだったり、回すタイプだったり、様々な種類があります。

施設によっては、トイレは押すタイプ、お風呂は回すタイプ、洗面はセンサー等、何種類も使用している場合があります。

我々職員にとっては、都合が良い事も認知症利用者にとっては、辛いこともあるので、見直してください。

人的環境とは、字の通り人による環境です。

人とは、家族であったり介護職である我々職員であったりするのですが、選択肢のない利用者の代わりに判断する人が利用者にとって、大きな環境である事を忘れてはいけません。

認知症の方は、日によって違う対応をすると、その変化付いて行く事が難しいのです。

そういった点からも、ケアの統一は重要な事であると言えます。

4つ目は「地域資源の理解とケアへの活用」です。

事例を使用し、その利用者にとって「あったら良いと思う資源」「必要な資源」「現在ある資源」自分が出来そうな事を挙げたのですが、どのような物が資源になるのか意識したこともなかったので苦労しました。

その中で、今の自分に当てはめる事も行いました。

結果、自分の住んでいる地域の事ですら、どのような資源があるのかわからないのです。

介護に携わっていない地域の人たちは、本当に資源を使いこなせているのか疑問になります。

地域資源には有料なものと無料のものがありますが、無料のものは斡旋してくれる人も少なく情報が少ない事も課題となっております。

認知症介護実践研修(実践者) 3日目 レポート

第3日目は、3つのテーマで研修が進みます。

1つ目の「認知症の人のとのコミュニケーションの理解と方法」では、演習として参加者同士で話をします。

話といっても、1人が一方的に話し続けるのです。

まずは、コミュケーションの3原則を利用せずに話をするのですが、とにかく話しにくいです。

その後、三原則を利用して話をします。

すると、かなり話しやすくなり、その違いがわかるといった演習です。

コミュニケーションの3原則とは、「アイコンタクト」「うなづき」「ほほえみ」というものがあるのですが、それらは全て非言語です。

その事から、人は言語より非言語の方で感情を感じているといえます。

また、認知症の人へ有効なSOLER(向き合う・オープンに・傾ける・視線・リラックス)についても説明があります。

テーブルの上に花があったり、テレビが点いていたりするだけ、何もない空間よりは話がしやすくなる事もあります。

これは、面接や会議、面会など認知症の方以外にも応用できる内容となっていますので、いろいろな場面で活用できると思います。

2つ目のテーマは「認知症の人への非薬物的介入」です。

非薬物的介入とは、薬物療法以外の多様な療法を包括する言葉である。

音楽療法、回想法など様々なものがあり、最近ではアクティビティと言われている。

ここで重要になるのが、その人に相応しいアクティビティを提供し、効果を引き出して、次に繋げる事です。

その中で、職員本位にならず選択肢を持ってもらう事も重要となります。

また、注意しなければいけない点として、過去に本が好きだった人に安易に小説を勧めるといった行為です。

これは、色々な場面でも言える事ですが、過去に好きだったことが全てではない、ということです。

高齢になり「字が読めない」「理解できない」ということも考えられ、好きだったことができなくなった苦痛から、嫌いになる可能性もあります。

過去の良い思い出も潰してしまう可能性すらあります。

3つ目は「アセスメントとケアの実践の基本Ⅰ」です。

まずは、認知症の中核症状やBPSD、老化の影響について復習をします。

認知症の方は、言葉で伝える事が難しくなると行動や態度で表現します。

そのためにアセスメントは重要になるが、アセスメントは情報収集する事だけではなく、分析してチームで共有する事が重要になるのです。

アセスメントに必要なのは、評価的理解から共感的理解に思考を変化させることです。

その中で、ひもときシートの説明があり、実際に自施設実習で課題となる利用者について記入します。

実際にひもときシートを記入していると、何が問題なのか、何を本人は求めているのか、明確になり、自分が利用者の事を理解できてい部分が多くある事に気づかされます。

認知症介護実践研修(実践者) 4日目 レポート

第4日目は2つのテーマで研修が進みます。

1つ目の「アセスメントとケアの実践の基本Ⅱ」は、第3日目の『実践の基本Ⅰ』の続きです。

まずは、アセスメントが情報収集だけない事や認知症の症状について再度説明があります。

続いて、職員から見たケアでの困りごとを挙げて、それがどの中核症状(記憶障害、見当識障害、失行、失認、実行機能障害)に当てはまるのか考えます。

この困りごととは、介護者主体で考えられているが、実際には誰が一番困っているのか考えると利用者が一番困っているのであって、困っているという気持ちを受け入れる事が必要になります。

また、入浴方法では顔を先に洗う人、頭を先に洗う人等、人それぞれであり、それは年を取っても習慣として残ります。

調べてみるとお風呂に入りたがらない理由が習慣にあったということもあるので、認知症の症状だけでなく、今までの習慣やこだわりを知る事も重要である。

その中で、センター方式の記入方法についても説明があります。

まずは、センター方式を取り入れ、ケアの改善を行ってから、暴力行為のあった利用者が穏やかに生活するようになった動画を観ます。

そして、センター方式C-1-2を実際に記入していくのですが、毎日見ている利用者なのに、見ているようで、ちゃんと見ていなかったことに気づきます。

センター方式のシートはC-1-2以外でも良いので、自施設実習で取り入れる事になっています。

2つ目のテーマは「認知症の人への介護技術Ⅰ(食事・入浴・排泄等)」です。

自施設実習で対象なる利用者の現在行っている、または行っていないケアとその理由を挙げ、その人が望む暮らしに近づける為にどのようなケアをしていけば良いかを考えていきます。

その中で、本人の要望、ニーズのズレ、食事、排泄、入浴等にしても、介助者主体ではなく、個別性を重視する必要がある事を再度実感させられます。

認知症介護実践研修(実践者) 5日目 レポート

第5日目は2つのテーマで研修が進められます。

1つ目の「認知症の人への介護技術Ⅱ(行動・心理症状)」では、職員が対応にする中で悩みとなる、異食、弄便、妄想、幻覚、徘徊などの行動・心理症状(BPSD)に関しての講義と演習を行います。

中核症状は、認知症が進行すると治らないが、BPSDは環境や介助方法等によって出たり出なかったりします。

BPSDは、意志や気持ちを表そうとしているのであり、本当に困っているのは認知症の人です。

そして、介護する私たちは、困った人に対応するのではなく、困っている人を支援するという考え方が重要になってきます。

2つ目の「自施設実習の課題設定」では、自施実習で選んだ利用者がより良い生活を送る為の課題と、その人が望む暮らしに近づけるにはどうしていくのかの目標を立てます。

グループメンバーやファシリテーターと一緒に考えるのですが、課題設定が終えるまで、この日は帰れません。

事前にある程度の情報を用意しとくと良いでしょう。

また、一度決めた内容は余程の事が無い限り変更は認められません。

認知症介護実践研修(実践者) 6日目 

第6日目は自施設実習で行った内容を発表します。

自施設実習(アセスメントとケア実践)は4週間以上となっており、研修5日目と6日目は約1カ月間が空きます。

※異食、弄便、妄想、幻覚、徘徊などの行動は、問題行動と言われていましたが、最近ではBPSD、周辺症状、行動心理症状などと言われるようになりました。これも、介護者目線ではなく、認知症の方の目線にたった考えからとなっています。

認知症介護実践者研修の質問などある方は、コメント頂ければお答えいたします。

テーマ:介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

 | ホーム | 

# ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

# アルバム

# QRコード

QR

# ぶぶぶろぐ

# ブログランキング


雑学・豆知識ランキングへ

# 日本ブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

# あなたのサイトが不労所得に!

簡単!アフィリエイト!

忍者AdMax

# 最新記事