FC2ブログ

シュールな記事!おもしろい記事!普段の出来事!たまには動画も!

コラーゲンて本当にそんなに効くのか?本当に美容に効果があるのか?

スポンサーリンク

■コラーゲンで肌プリプリは実現できるか

最近の健康ブームには目を見張るものがあります。

テレビを点ければ必ずと言っていいほど、どこかのチャンネルで健康食品のCMをやっています。

これはある意味、病気を治療するよりも、予防する方が安上がりと踏んだ、国の施策が国民に浸透してきた証とも取れますが、健康食品を扱っているメーカーからすれば、そんなことは二の次です。

とにかくCMを打って、ただひたすらに商品名を連呼し、消費者を洗脳して売上を伸ばす戦略なのです。

その最たる例が、実はコラーゲンなんです。

コラーゲンと言えば、機能性素材として、健康食品の中でもモンスター級の市場を保持する健康食品業界のドル箱的商材です。

コラーゲンは、健康食品業界だけでなく化粧品業界でもニーズの高い素材で、これまで主にお肌プリプリの美肌をターゲットとして商品の開発が進められてきました。

そのため、コラーゲンを配合し、美肌を訴求した健康食品や化粧品が市場には溢れ返っています。

そして、コラーゲン市場に参入するメーカーが急増したため、今やコラーゲン市場は過飽和状態となり、モンスター級の市場ですら狭くなってきたというのが実情です。

そうなってくると新たなジャンルを開発し、狭くなったコラーゲン市場を拡張しようとする動きが出てきます。

これまではグルコサミンやコンドロイチンが幅を利かせていた関節の市場に進出しようと、鎬を削っています。

最近、よく耳にするようになった「関節の軟骨は実はコラーゲンで出来ています。」といったようなキャッチフレーズがそうした動きに該当します。

少し前置きが長くなりましたが、それでは、本当にコラーゲンでお肌プリプリに、あるいは関節ラクラクになるのでしょうか。

この疑問をクリアにしていくために必要な知識として、少しコラーゲンについてお話します。

■コラーゲンという物質を理解しましょう

コラーゲンは体の中で、真皮(肌)や骨、軟骨、靭帯、腱などの細胞外基質(マトリックス)を形成しています。

コラーゲンは皆さんもご存じの通り、タンパク質の一種です。したがって、アミノ酸が幾つも繋がって出来ています。

コラーゲンの場合、分子量が約10万と言われており、1,000個以上のアミノ酸がペプチド結合と呼ばれる方法で、互いに直鎖状に繋がってコラーゲンの分子を構成しています。

そしてコラーゲンの分子は、3本ずつが螺旋状に絡まり合ってコラーゲン線維を形成しています。

■コラーゲンの消化吸収を理解しましょう

それでは次に、もう1つ重要な事柄があるので、それについてお話します。

それはコラーゲンの吸収についてです。話を分かり易くするために、スッポン料理を食べたことにしましょう。

スッポンにはコラーゲンが豊富に含まれています。

すっぽん

食べたスッポンは、食道を通過して胃の中に入っていきます。

胃の中では分泌された酸性の胃液と、胃液に含まれているタンパク分解酵素によって、コラーゲンは一部ペプチド結合が切断されてから小腸に送られます。

小腸では腸液と、小腸内に分泌された膵液に含まれている分解酵素によってさらにペプチド結合が切断されます。

最終的には単体のアミノ酸または、アミノ酸が2つ繋がったジペプチドや3つ繋がったトリペプチドまで分解されて、小腸から吸収されます。

ここで重要なことは、小腸から吸収されるのは、せいぜいトリペプチドぐらいまでで、アミノ酸が1,000個以上も繋がった巨大なコラーゲンがそのまま吸収されることは100%あり得ないということです。

すなわち、食べたスッポンのコラーゲンは、直接、肌や関節には届かないということです。

それでは、化粧品のように肌にコラーゲンを直接塗ったらどうでしょう。

これも食べた場合と同じで、肌の一番外側の角質層にはバリア機能があり、外界から侵入しようとする物質から体を保護しています。

少なくともコラーゲンのような大きな分子はそのままでは角質層を通過することは出来ません。

ここまでのところで、コラーゲンが本当にお肌プリプリや関節ラクラクに効くのかということがどうも怪しそうだ、ということに気が付いたかと思います。

しかし、ここまでのお話は、お肌プリプリや関節ラクラクが本当かどうかということについての、実は半分までのところなんです。

それでは、次に残りの半分のお話をします。

■コラーゲン由来のジペプチドとトリペプチドの可能性について

コラーゲンが消化された時に出来るジペプチドとトリペプチドは、腸管から吸収され、血中に入ることが証明されています。

そして、このコラーゲン由来のジペプチドとトリペプチドには、肌の角質層の下の真皮層に分布していて、コラーゲンを分泌している繊維芽細胞を活性化させる働きがあることが、培養した繊維芽細胞で確認されています。

また、関節の軟骨には軟骨細胞が分布しており、同様の効果が期待出来ます。

即ち、シャーレ内で培養した人繊維芽細胞に、コラーゲン由来のジペプチドやトリペプチドを添加してやると、培養液中のコラーゲン濃度が、未添加群に比べて上昇したというものです。

しかし、この手の研究の進展はここまでで、実際に人の体内で同じことが起こるのかについては証明されていません。

食べたスッポンのコラーゲンは、アミノ酸やジペプチド、トリペプチドまで消化されて腸管から吸収され血中に出てきますが、それが血流に運ばれて末梢の繊維芽細胞や軟骨細胞まで変化せずに充分な量が届くのかどうか、さらに、仮に変化せずに充分量が届いたとしても、人の肌の真皮層の中で、シャーレの中と同じことが起こるのかどうかは、今のところ分かっていません。

■健康食品や化粧品は科学的根拠がしっかりしている製品を買いましょう

巷に溢れる健康食品や化粧品全てが、科学的根拠(エビデンス)のないまえつば物だとは言いませんが、商品名だけをただただ連呼する儲け主義の宣伝文句に洗脳されて、それを鵜呑みにしてしまうのは如何なものでしょうか。

その製品に含まれている物質の本質や機能性に関するエビデンスをきちんと理解した上で購入することが、自分の健康や美容を守り、実現するためには大切です。

そしてそれは、国民の健康維持増進を掲げる国の施策に沿うことにも繋がります。

国の施策は、単に健康食品メーカーや化粧品メーカーを儲けさせるためだけにある訳ではないのです。


最後になりますが、サラリーマンの私が今まで行ってきた無料副業を記事にしたサイトの紹介をさせて頂きます。

もちろん、サラリーマンなので会社にバレないように副業をする必要があります。

その方法も記載していますので興味のある方は参考にしてください。

→【サラリーマンの為の無料副業の記事】

関連記事

テーマ:美容・健康・アンチエイジング - ジャンル:ヘルス・ダイエット

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://krkrkreichel.blog.fc2.com/tb.php/156-5a41b0ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

# スポンサードリンク

# げん玉 金持ちの第一歩

自己アフィリもできるので、お小遣い稼ぎにどうぞ‼︎

# カウンター

# ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

# アルバム

# QRコード

QR

# ぶぶぶろぐ

# ブログランキング


雑学・豆知識ランキングへ

# 日本ブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

# あなたのサイトが不労所得に!

簡単!アフィリエイト!

忍者AdMax

# 最新記事