シュールな記事!おもしろい記事!普段の出来事!たまには動画も!

フィリピンのセブ島!ホテルと両替には注意が必要。

スポンサーリンク

海外旅行が大好きな私の今回の旅行は、旅費が格安だったフィリピンのセブ島に決めました。

この旅の珍道中は行く時から始まっています。

フィリピンの通貨は、空港くらいしか両替できる所がなかったので、成田で両替したんですが、飛行機で隣に乗り合わせた、セブ通の方いわく、成田よりも現地の方がレートがいいんですって。

『何千円か損したね』って言われました。

フィリピン 通貨


海外の両替って信用性に欠けるイメージがありますよね。

それが、まさか逆なんて・・・

確かに到着した空港の両替所は長蛇の列でした。

セブに行かれる方は現地での両替をおすすめします。

到着したら送迎バスでホテルへ。

今回泊まったのは、セブシティーにある「パシフィックペンション」です。

そうです。

ホテルではなく、ペンションです!

一応出発前にネットで写真見たりして確認はしましたが、1泊 2000円代で『まあ、この旅費ならこんなもんだろう』くらいの感じで、アップグレードはしませんでした。 

これが第2の落とし穴です。

部屋は想定内の感じでしたが、布団といえる物が無く、薄いシーツの様な布が1枚だけ。

アメニティのタオルは半乾きで湿ってる。(どうやら外干しらしく、晴れの日は乾いたタオルが置いてありました)

更に衝撃的だったのが、南国なのに冷蔵庫が無い!

過去に安ホテルは何度も経験しましたが、冷蔵庫はありましたよ。

私は海外に行くときに、朝飲む用のコーヒーを持って行くのですが、今回持っていったのは、よりによって要冷蔵のタイプ。

それを3泊分。

出発前に保冷剤と共に保冷BAGに入れて準備完了!

着いた頃には保冷剤も溶けていたので、一刻も早く冷蔵庫に入れたかったのです。

すぐに現地の担当ガイドに電話しましたが、出ない・・・

友達は英語ができるし、私も勉強中なので、フロントに行って『冷蔵庫が無いよ!』と言いたかったのですが、肝心の冷蔵庫の単語を、ど忘れ。

なんとか通じて、他の部屋も見せてもらいましたが、全部一緒でした。

バックルームにあった冷蔵庫に入れさせて。

とお願いしたのですが、

商品以外はダメだ。

と言われ、結局私のコーヒーは、売店のアイスのガラスケースの上に保冷BAGを置かせてもらう。

という事で決着しました。

もう夜ご飯の時間帯だったので、とりあえず町に出てレストランを探しつつ、ホテルを見つけては部屋を見せてもらいましたが、どのホテルも部屋のグレードは上がっても冷蔵庫は付いていませんでした。

人一倍寒がりな私は、布1枚では寒くて、夜中に起きました。

ウルトラライトダウンを着て、布の上に大判ストールを掛けて寝ました。

1月に行ったので冬アイテムを持っていて助かりました。

結局諦めて3泊4日滞在しましたよ。

あんなに嫌がっていたけど、人間、順応するもので、最後の夜は仲良くなったスタッフさんたちと、エントランスの外で宴会してました。

最終日にわかった事ですが、セブでは超高級ホテルクラスじゃないと冷蔵庫は付いてないそうです。(電話に出なかった現地ガイドさんが言っていました。)」

セブシティーはショッピングモールもいくつかあって、お買いものは結構楽しめました。

物価も安いので、移動にはタクシーを使っていました。

ほとんどメーターが付いていますが、中には付いていなくて、ズルするのもいます。

ショッピングモールからの帰り、メーターなしの車に乗せられ、今までより多く料金を請求してきたので、断固拒否して、いつもと同じくらいの料金を置いて降りました。

強気な姿勢も大事です。

食事もフィリピン料理から中華、和食、フィリピンといえばの【ジョリビー】も食べました。

フィリピン料理

今回のメインイベントは、ジンベイザメと泳ぐ!

セブ島ではこんな夢の様な事ができちゃうのです。

どこのツアー会社もイイお値段しますが、探しに探して最安値の所を見つけました!

他より4千円位安かったです。

セブシティーからですと、車で6時間の長距離移動になります。

なので、朝のお迎えは早いです。

安さでイタイ経験をしたばかりの私たちは、『ボロボロの車だったりして・・』なんて少々不安になりましたが、日本語ガイドさん付きの、キレイなワンボックスカーがお迎えに来ました。

途中でトイレ休憩も寄ってくれて安心でした。

ポイントに到着すると、説明を受けてから、ジンベイの元へ。

海に入ると、たくさんのジンベイザメが次々やってきます。

かなりの至近距離で、餌を食べている時なんて一緒に吸い込まれてしまうんじゃないかと思うほど!  大興奮のうちに終了時間。

今回、一緒に泳いでいる写真撮影もお願いしていたのですが、予想以上に沢山の写真と動画を撮っていてくれていました。

セブ島

なかなかできない経験なので、セブ島に行くなら、絶対おススメしたいポイントです。

マッサージも、かなりお安くできますが、気を付けたいのが部屋の温度です。

南国は屋内の冷房が効きすぎています。

マッサージを受けたサロンも同様で、逆に血流が悪くなっているんじゃないかと思うほどでした。


最後になりますが、私が経済的自由になり世界各国を旅する事ができるようになった無料副業を紹介します。

ちなみに本当の大金持ちではなく、年に数回は働かず海外旅行できるレベルなので皆さんも真似すれば、同じくらい稼ぐことは可能だと思います。

もちろん無料です。

こちらの記事を参考にしてください。
→【無料副業の入口】

関連記事

テーマ:フィリピン - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://krkrkreichel.blog.fc2.com/tb.php/157-6607eeab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

# スポンサードリンク

# げん玉 金持ちの第一歩

自己アフィリもできるので、お小遣い稼ぎにどうぞ‼︎

# カウンター

# ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

# アルバム

# QRコード

QR

# ぶぶぶろぐ

# ブログランキング


雑学・豆知識ランキングへ

# 日本ブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

# あなたのサイトが不労所得に!

簡単!アフィリエイト!

忍者AdMax

# 最新記事