シュールな記事!おもしろい記事!普段の出来事!たまには動画も!

夏風邪には経口補水液OS-1(オーエスワン)が必需品!

スポンサーリンク

元気だけが取り柄だったのに、この真夏に体調を崩してしまい叩き出しました。

なかなかの高熱の38.5度です。



若い時は、いっぱい食べて、いっぱい寝たら元気になっていましたが、今回は数日経っても全然治りません。

夏という事もあって、寝汗も酷く脱水症状寸前でした。

そんな時に義母さんの差し入れで、熱中症対策で有名な大塚製薬の経口補水液OS-1が届き、急いで一気飲み!

しばらくすると、身体が回復してきたのを実感できました。



オーエスワンの商品説明です!

消費者庁許可・特別用途食品個別評価型病者用食品

電解質と糖質の配合バランスを考慮した経口補水液です。

軽度から中等度の脱水状態の方の水・電解質を補給・維持するのに適した病者用食品です。

感染性腸炎、感冒による下痢・嘔吐・発熱を伴う脱水状態、高齢者の経口摂取不足による脱水状態、過度の発汗による脱水状態等に適しています。

◆摂取上の注意◆
下記の1日当たり目安量を参考に脱水状態に合わせて適宜増減してお飲み下さい。

学童~成人(高齢者を含む):500~1000ml/日

幼児:300~600ml/日

乳児:体重1kgあたり30~50ml/日

医師から脱水状態時の食事療法として指示された場合に限りお飲みください。

医師、看護師、薬剤師、管理栄養士の指導に従ってお飲みください。

食事療法の素材として適するものであって、多く飲用することによって原疾患が治癒するものではありません。

注意点をわかりやすく説明すると、ナトリウムやカリウムなどの電解質が、かなり多く含まれています。

成分を確認すると、あるスポーツドリンクの何倍もあります。

これを多量に摂取してしまうと、身体がナトリウムやカリウムを出そうと必死になり、頻尿や下痢になり、余計に脱水症状になる可能性があります。

なので、多量の汗をかいた時や電解質やミネラルなど補給する必要がある時には適していますが、それ以外の時は飲む必要が無いという事です。

味は、アクエリアスを思いっきり薄くした感じでした。

高熱で、あまり味がわかりませんでしたが飲みやすかったです!

味についてですが、一説によりますと、身体がそれを欲する時には美味しく感じ、必要ない時にはまずく感じるみたいです。

確かに以前、お爺ちゃんが飲んでいるOS-1をもらった時は変な味がしましたが、今回は美味しく飲めました。

OS-1のゼリータイプもありますよ。

高齢者の水分補給にも使用されている。

経口補水液OS1!

ぜひ、試してください。

ちなみにノンカロリーなどのスポーツ飲料は、甘味料を使用している事が多く、下痢の原因にもなるので注意してください。

最後になりますが、アクエリアスやポカリスエットなど、さまざまな種類のスポーツドリンクがありますが、皆さんは何を飲んでいますか?

アクエリアスはジュース、ポカリスエットはスポーツドリンクと言われるほど効果には差があります。

自分のその時の状況に合った飲み物を選んでください。

甘味料の多量摂取も下痢の原因になるので安易にカロリーオフを選ばないことも重要です。

追記
2017年9月29日

暑い夏も過ぎなんだかのんびりできそうな秋の季節になってきましたね。

日が暮れるのも少しずつ早くなり静かな夜には読書でもしようかなという気分にさせます。

そんなのんびりした秋の季節ですが、秋が過ぎると寒い冬がやってくるためか、よく目にするようになるのが風邪薬のコマーシャルですね。

「くしゃみ」「はなみず 」「のどのいたみ」
こんな言葉が目や耳に飛び込んできます。

くしゃみで辛くなったら風邪薬。
鼻水が止まらなくて辛くなったら風邪薬。
のどの痛みには風邪薬。

けれどもこの風邪薬って本当に風邪を治してくれるのでしょうか?

病院で処方してもらう風邪薬にも市販の風邪薬にも、それぞれの症状を和らげる成分が入 っています。

たとえば、鼻水が止まらなくて辛い場合には、鼻水を止める成分が入ったお薬。

のどが痛くで辛い場合には、のどの痛みを和らげる成分が入ったお薬。

熱が上がって辛い場合には、熱を下げる成分が入ったお薬。

風邪の症状がある時には、これらの成分が入ったお薬。

けれどもよく考えてみてください。

そもそも鼻水が出たり咳が出たり熱が上がったりするのはなぜでしょうか。

それは、治ろうと必死に身体の機能が働いている結果なのです。

身体に入ったウィルスを退治して元の健康な状態になろうとしているんです。

風邪薬を飲むという事は、この自分の身体の機能が働いて治ろうという働きを邪魔しているということです。

身体の機能を無視していくと、その機能が衰えてしまうこともありえます。

薬に頼らずに健康で若さを保つためには、どんなことに気をつけていけばよいのでしょうか。

季節の変わり目でも寒い時期にも若々しく元気でいるためには基本となるのは、やはり栄養と適度な運動です。

薬は風邪自体を治すのではなく、症状を緩和するだけと思ってくださいね!

こっそり副業をしたい人は必見!

リスク全くゼロ!

元手資金ゼロ!

作業時間1日1時間程度で、単発収入が得られます!

ポイントサイトの『げん玉』です!

会員登録した時点で250ptプレゼント!!

〓〓会員登録はこちらから〓〓

お小遣いサイト



〓〓登録はもちろん無料!!〓〓
関連記事

テーマ:熱中症 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://krkrkreichel.blog.fc2.com/tb.php/93-debf4ee8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

# スポンサードリンク

# げん玉 金持ちの第一歩

自己アフィリもできるので、お小遣い稼ぎにどうぞ‼︎

# カウンター

# ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

# アルバム

# QRコード

QR

# ぶぶぶろぐ

# ブログランキング


雑学・豆知識ランキングへ

# 日本ブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

# あなたのサイトが不労所得に!

簡単!アフィリエイト!

忍者AdMax

# 最新記事