シュールな記事!おもしろい記事!普段の出来事!たまには動画も!

東京発、千葉県銚子市への日帰り一人旅!

ふと、日帰り一人旅をしたくなったのでバッグ1つを持ち出かけてみました。

行先は千葉県の銚子市です。

銚子駅までは東京駅から特急で2時間程で着きます。

よくテレビの旅番組で目にしてましたが、実際に行ったことはなかった街です。

太平洋を望むカフェでほっこりしたり、日本最東端の灯台や魚市場に寄ったり、ぬれせんべいや銚子電鉄のたいやきを食べることを楽しみに出発しました。

最寄りの駅で電車を待ちながら、えきすぱあとで調べてみるとなんと直通の特急は1時間に1本もないことがわかりました。

帰りの足が心配になり、行くのやめようかな・・・と気持ちはやや弱腰に。

いや、せっかく行動を起こしたのだから行ってみようと改めて気持ちを固め東京駅に向かいました。

東京駅では運よく総武本線特急が30分くらいで発車することが判って一安心。

特急に乗ってみてがらんと空いた車内を見て、本数が少ないことも納得です。

さて、始発の東京駅から終着駅の銚子駅まであっという間に着くと、銚子はのどかな感じの駅でした。

特急のホームの延長に銚子電鉄の改札を発見。

屋外の小さな改札に小さな車両、醤油の香りがふんわりと漂う風を受けつつ電車は走ります。

観音駅では、おいしそうなぬれせんべいが焼かれているのを眺めながら、犬吠駅に到着。

銚子駅ぬれせんべい

ここから灯台へタクシーで向かいました。

本当に海に突き出たような場所にある犬吠埼灯台。

中は細い階段を目が回りそうになりつつ一生懸命登りました。

一番上まで登りきると、強い海風に吹かれながら太平洋が一望できました。

東に来た!という感慨に浸れます。

降りるときは登る以上に気を使います。

灯台の中はほぼ一方通行。

登ってくる人とどちらかが道を譲りながら足元に気を付けて降りました。

灯台を後にして、ひなびた土産物屋を見ながら海まで降りると波は荒々しく野生的な印象です。

サーフィンを楽しむ人や家族連れがいますが、優しい海という感じではありません。

それもそのはず海水浴場は別の場所にあるのです。

普段は海など見ることのない暮らしをしていると、厳しさを感じるくらいの海を見ると心が洗われるような気持ちになります。

なんだか「はるばる来てよかった」とはっきりと声を出してしまいましが、もちろん周りに誰もいないし波の音で消されてとても気持ちよかったです。

犬吠埼灯台。


お腹が空いたので観光客が訪れるという食事処「一山いけす」へ移動です。

店名の通り店の中には大きないけすが作られさかなやエビが泳いでいました。

豊かな海の幸を出してくれる店という感じで、おさしみや焼き魚に揚げ物など色々品数の揃ったセットを注文。

おいしいのは言うまでもないのですけど、お腹が満腹になってしまいました。

海を見ながら食事が楽しめるというロケーションもここならではですね。

お腹が膨れたら、次の目的地「うおっせ」へ移動です。

ここは海産物のお土産やぬれせんべいの実演販売など、まあちょっと寄ってお買い物と休憩の施設でした。

ここらで気づいたのは、どうやらぬれせんべいの店というのは一件だけではないようです。

販促活動に力をいれながら手広く営業している店もあれば、知る人ぞ知る元祖おせんべい屋さんのぬれせんなど、数件の店が作っているのです。

となれば元祖のぬれせんを食べてみたくなりますよね。

タクシーの運転手さんに聞きながら見つけ出しました。

細い路地を入っていくと、ありました「柏屋」といういかにも通な雰囲気で香ばしい匂いが立ち上っている店が。

そして、当然のごとく観光客の皆さんも買いに来てました。

試食のおせんべいをいただくと、醤油のきりっとした味がして漁港のある街らしい味を感じました。

自分の土産に一袋買って満足してそこを去りました。

せんべい屋を出て通りまでくると道路と並行して利根川が流れています。

そこは漁に出る船の船着き場でもあり、たくさんの漁船が停まっていて、ちょうどどこかの絵でみたような景色でした。

魚の油のような潮風のような匂いに包まれながら、太平洋の入り口と利根川の河口とのボーダーラインに立っていると銚子という街が海の恵みで出来上がったことを思いました。

水面の揺らめきを見ているだけで自然とストレスが消えていくのを感じます。

ちょっとぼんやりと緩んだところで、時計を見ると、後は一か所くらいよりながら駅に向かう時間になっていました。

駅前大通りには土産物屋が数件あります。

個人のお店もあれば集合施設もあって、地元のおいしいものや昔ながらの定番のお土産品をぶらぶらショッピング。

さばの押しずし、ガラスの浮き球、魚の佃煮など少しづつ買って駅に向かうと、そこにもぬれせんの看板を出しているおせんべい屋さんが。

中に入るとぬれせんだけでなく、バリエーション豊かなおせんべいがあって、見るだけでほしくなってしまいました。

カレー味やチーズ味、甘い味付けせんべいも黒糖やキャラメルなどスイーツのようです。

観光客がちょこっと買えるような小袋なのも心惹かれて、つい買ってしまいました。

こうして振り返るとおいしい物を買いに来たような旅になってしまいましたが、海と自然に癒された日帰り旅となりました。

銚子への一人旅、関東にお住まいの方におすすめします。


最後になりますが、副業を一つ紹介させていただきます。

完全無料で、話のネタにもなるので暇つぶしに確認してください。

→こちらをクリックしてください。「完全無料で10万円を稼ぐ方法!」


テーマ:関東地方(茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・神奈川)の最寄り駅情報 - ジャンル:地域情報

# スポンサードリンク

# げん玉 金持ちの第一歩

自己アフィリもできるので、お小遣い稼ぎにどうぞ‼︎

# カウンター

# ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

# アルバム

# QRコード

QR

# ぶぶぶろぐ

# ブログランキング


雑学・豆知識ランキングへ

# 日本ブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

# あなたのサイトが不労所得に!

簡単!アフィリエイト!

忍者AdMax

# 最新記事